FC2ブログ
ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 星の名を呼べ(土方×山崎) 銀魂:ミツバ篇絡み 山崎ウェット

    category:銀魂二次創作小説

回り込み解除

こんにちは、海野です。

銀魂で土方×山崎の二次創作小説あげときます。本編は追記です。
なんだかんだで手直しとかするかもしれませんが、一応完成ということで・・・。

この話はもともと天体観測というタイトルで前ブログの方で発表していたものを手直ししたものです。そんな長くないです。
その時の小説がサルベージ出来なかったので、結局大筋しか一緒じゃないですが・・・。
前ブログはブログリさんでやってましたが、放置しすぎて運営さんによってブログ自体が消されてしまったので、作品はすべてサルベージ不可になりました。無念なり。

取りあえず思い出しながらでも完成出来たこと自体が奇跡ですね。

ということで本編は追記。↓

星の名を呼べ


土方は山崎の分まで会計を済ませると、ひとり暖簾をくぐって振り返りもせず、仄明るい通りを歩きだした。そういうところは上司然としている、と山崎はいつも思う。

二人が行きつけの飲み屋を出たのは、もう深夜も1時を回った頃だった。江戸の夜は明るい。丑三つ時とは言え、眠らない街は太陽が昇るまで自ら灯を点しつづける。繁華街の中心部から少し外れたこの店の近くにも、その光は届いていた。ぼんやりとした明かりの中、山崎はいつものように土方の後ろについて歩きながら、その背中がややふらついた足取りで屯所に向かうのを見守る。

最近、恋人たちの間で天体観測が流行っているらしい。「下らねェ」それを酒のつまみに山崎から聞いた土方は、渋い顔で新しい煙草に火を点けた。「星なんざ武州に行きゃあ腐るほど見えらあ」先ほどの飲み屋での話である。「武州の星はすげえぞ、こことは比べものにならねえぐれぇ光ってよお」濃紺の天蓋に、きらきらと光る大粒の砂を吹き散らしたような空を山崎は勝手に想像した。
山崎は武州を知らない。真選組が江戸に出てきた後に入隊した山崎にとって、試衛館時代から居た古参の隊士たちはどこか少し遠い存在である。時に彼らの話を聞くことはあっても、その時間を共有した者たちにしか分からないものがあることを山崎は肌で感じていた。寂しくはないが、ふと考えることがある。そこに自分もいることができたら。「あんまりあっちこっちで光りやがるから、目が痛くて見てられねえほどだった」土方は山崎が酌をした酒を飲みほした。この人は武州のことを語る自分の顔を知っているのかしらん、と山崎は思う。もう二度と戻ってはこない、昔を語る優しい顔を。

「おい、山崎、上見てみろ」

前を歩く土方に声を掛けられ、山崎は唐突に意識を引き戻された。慌てて上を見上げれば、なんということは無い、ひしめく建物に切り取られ、大声を上げて光るネオンや街灯にくすむ見慣れた江戸の夜の空があるだけである。

「見えるか」
「はあ」

相槌を打ちながら、見えるもんか、と山崎は腹の中でだけ返事をした。江戸の星は滲んで消えてしまいそうなか細い光で、誰に見てもらえるともなく空の端に佇んでいる。武州の星。土方は武州に居た頃、ひとりの女を愛していたそうである。武州の星は知っているのだろうか。寄り添うように夜の空を見つめる、土方とその女の姿を。山崎には、武州での思い出が土方の中で一際強い光を放っているように思えた。その光にかき消されて、ここでひっそりと光る、この小さな星のことなど見えなくなってしまうのではないだろうか。

「良いもんだな」

気付けば土方が山崎の隣にいたが、山崎は星から目を離さなかった。土方は取り出した煙草に火を点け、同じように星を見上げる。土方の吐く煙の先にも小さな星があった。
「武州の星も良いが、必死に光ってるこいつらも良い。江戸に来た頃を思い出す」
こっちに出て来て色々あったが、こいつらを見たら俺たちもなんとかやってく気になれたもんだ。
「誰に見てもらえるでもねえ、俺たちは俺たちでやっていこうってな」山崎は土方を見た。思いがけず、土方は優しい顔をしている。山崎が空に目を戻すと、そこには滲んでなお輝きを放つ星があった。江戸の星は、寄り添うように夜の空を見つめる二人の男を見下ろしている。土方の手がほんの少しだけ山崎の手に触れた。「なあ、山崎、」江戸の星は、山崎の視界の中でさらに滲んだ。


スポンサーサイト

テーマ:銀魂
ジャンル:アニメ・コミック

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

YES I AM!

海野ヒレ

Author:海野ヒレ
生き物大好き:海野ヒレ

pixiv: http://pixiv.me/umino-hire

twitter: https://twitter.com/umino_hire

身分:腐海の底で汚泥を啜る大学生。これでも医学生よ!

誕生日:8/4 吉田松陰先生と一緒(旧暦)

血液型:AB型

好きなゲーム:一生不動の一位はサガフロンティア2。異論は認める。

好きな漫画:ほんと色々。オリジナルBL、擬人化、アンソロも読みますモグモグおいしいおかわり!百合も逝ける。でも大まかに言うとギャグは大体好きみたいよ。

属性:自然発生型腐女子。小説メイン、イラスト少々にて活動中。拍手、コメントを貰うと喜びにくるいもだえるのだ。

特技:マイナーなジャンル・キャラ・CPばかりに熱烈な愛を送る。時々切ない。

好きなものごっちゃで詳しく:銀魂、サガフロ2、ダンガンロンパ、ギャグマンガ日和、+チック姉さん、ジョジョの奇妙な冒険(3部)、クロノクロス、ジルオール、ドリフターズ、モノノ怪、さらいや五葉、魔法少女まどか☆マギカ、モンハン、討鬼伝、アサシンクリード、フロンティアゲート、牧場物語、聖剣伝説LoM、FFXなど

ファンサーチ、検索参加中です 宜しければリンクからどうぞ
TOPのアイコンはリアルの友達にいただきますたん!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

ランキング参加中ですの。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンクとかそんなの


ウ印*

ウ印*

ウ印*

ウ印*

ウ印*
↑このブログのバナーです。リンクはフリーなのでどれでも貼ったり剥がしたり、ご自由にどうぞ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
461位
アクセスランキングを見る>>

ここじゃないどこかへ行く

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。